平屋間取りプランの工夫で風通しを良く

人気の平屋ですが、その特徴からデメリットに感じる面もあります。ここからは、平屋のデメリットとその解決法をご紹介します。
快適に暮らすためには十分な通風・つまり風通しが良くないといけません。しかし平屋では意外と風通しが悪いものです。
というのも、住まいの中に風を通すには「自然に吹く風の力」と「温められた空気が上昇して起きる空気の流れ(排熱の力)」を活用する方法があります。しかし平屋は2階建てに比べると各空間が同じ高さになりがちなので「排熱の力」を活用しきれないのです。
そこで平屋でも十分に風通しをよくする方法があります。
まずは、天窓や換気塔を設けて「温められた空気の逃げ道」を作ることが大事です。さらに、地窓を設けることで開口部に高低差がつくため、より空気が流れやすくなります。
水平方向の風の通り道を遮らないためには、欄間付きのドアやルーバードアを採用すると良いです。
また南側の軒を深くしておけば、夏場の熱い空気を少し冷やしてから室内に取り込むことができます。
窓辺に樹木があると葉の蒸散効果でさらに空気を冷やします。しかし、冬の日差しを遮ることになりますから、冬には葉が茂らない落葉樹を植えることをお勧めします。(落葉の掃除は大変ですけど)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。