平屋間取りプランの工夫で風通しを良く

人気の平屋ですが、その特徴からデメリットに感じる面もあります。ここからは、平屋のデメリットとその解決法をご紹介します。
快適に暮らすためには十分な通風・つまり風通しが良くないといけません。しかし平屋では意外と風通しが悪いものです。
というのも、住まいの中に風を通すには「自然に吹く風の力」と「温められた空気が上昇して起きる空気の流れ(排熱の力)」を活用する方法があります。しかし平屋は2階建てに比べると各空間が同じ高さになりがちなので「排熱の力」を活用しきれないのです。
そこで平屋でも十分に風通しをよくする方法があります。
まずは、天窓や換気塔を設けて「温められた空気の逃げ道」を作ることが大事です。さらに、地窓を設けることで開口部に高低差がつくため、より空気が流れやすくなります。
水平方向の風の通り道を遮らないためには、欄間付きのドアやルーバードアを採用すると良いです。
また南側の軒を深くしておけば、夏場の熱い空気を少し冷やしてから室内に取り込むことができます。
窓辺に樹木があると葉の蒸散効果でさらに空気を冷やします。しかし、冬の日差しを遮ることになりますから、冬には葉が茂らない落葉樹を植えることをお勧めします。(落葉の掃除は大変ですけど)

平屋人気の理由

最近は平屋に人気が集まっています。
平屋人気の理由はなんでしょうか?
ネットで調べると、3つほどの理由があるみたいです。

まず
1番目は、平屋だとすべての部屋から庭が感じられること。
2番目は、平屋間取り家族がリビングに集まりやすいこと。
3番目は、平屋だと将来の不安が少ないこと。

特に3番目は、将来、年老いてきた場合、平屋だと上下の移動がなく体に負担をかけないですむということだそうです。

しかし、平屋の間取りを考えるとき、最初からやたらと手すりを付けたり、段差をなくすようにスロープを付けると、若さがなくなってしまいそうです。こんな場合は、将来を予測して、下地を作っておいて、いざというときになったら対応するようにしたらよいのではないでしょうか?

このようなことを考えて平屋間取りを考えるのも大事なことだと思います。
ネットでは、バリアフリーを考えた平屋間取りの設計も数多くみられるので、一度検索して考えてみるのもいいのではないでしょうか!
 

木造平屋間取のメリットとデメリット

木造平屋間取の人気はここ数年で高まってきているといわれています。
誰でも理想とする木造平屋間取を持っていると思います。
中古の木造平屋間取を購入する際には、希望する間取りプランに近いものを選ぶことになるでしょう。
これは、四季のある日本に適した構造物だともいえるのではないでしょうか。
自分の納得のいく木造平屋間取図を作りたいものですね。
その理想に近づく為にも、平屋間取プランをよく考える必要があるでしょう。
それは木造平屋間取ならではの良さを生かした住居作りに欠かせない作業の一つかもしれません。

木造平屋間取のメリットは、木造住宅ならではの夏に涼しく冬に暖かいという環境かもしれません。
本来、日本の住まいも木造平屋間取が一般的でした。
色々な木造平屋間取を見ているうちに、自分の希望する間取りが見つかることでしょう。
富士や那須塩原など、土地がある場所での木造平屋間取はそれほど制限はありませんが、都市部では必ずと言っていいほど、この問題に直面することでしょう。
木造平屋間取のデメリットは、限られた土地をどのように活用していくか、ではないでしょうか。
40坪程度で木造平屋間取を考えると、色々な工夫が必要になる場合もあります。
そのような場合には、木造平屋間取に関する情報をネットで探してみてはどうでしょうか。

木造平屋間取について知りたいと考えている人は、住宅メーカーに問い合わせをしてみるというのが一つの方法でしょう。
しかし、その工夫を考えるのも木造平屋間取を考える楽しさの一つかもしれません。
そこで、住宅メーカーなどが提供している木造平屋間取を利用すると良いといわれています。

北欧の平屋間取の人気とは

北欧の平屋間取が最近人気を集めているといわれています。
同様に、北欧の平屋間取は概観の美しさという点からも日本人に好まれるデザインといわれています。
平屋というと、日本家屋や沖縄をイメージする人も多いかもしれませんが、北欧の平屋間取も一般的だといわれています。
特に、北欧の平屋間取はゆったりとした空間が特徴的です。
加えて、北欧の平屋間取は段差なども少ない作りになっていて、これからの日本の高齢化社会には適しているといえるのではないでしょうか。
北欧の平屋間取が日本で人気がある理由の一つに、日本の住宅との類似性があげられます。
北欧の平屋間取に関しても、実際に住んでいる人の意見が聞けるのが魅力の一つともいえるのではないでしょうか。
スウェーデンは家具でも注目を浴びるようになってきています。
これは、北欧の平屋間取が日本の間取りと似ている点があるという根拠に基づいているといわれています。

北欧の平屋間取に関する情報は、北欧系の住宅メーカーに行くことで入手することができるでしょう。
北欧の平屋間取の人気は以上にあげたようなことが原因だと考えられます。
また、北欧の平屋間取の住宅は寒い国ならではの設計がされているといわれています。
特に、ネットの検索サイトの進歩は目覚しく、「北欧の平屋間取」と入力するだけで数々のサイトに誘導してくれるようになっています。
ネットのメリットの一つとして、平屋間取の生の声が聞けるということがあげられるでしょう。
平屋間取自体が静かなブームになっている現在、北欧の平屋間取も並んで注目されるようになってきたからだといえるのではないでしょうか。
北欧の平屋間取という少しマニアックな情報であっても、簡単に検索してくれるので一度利用してみてはどうでしょうか。

平屋のプランの立て方

中古物件で、平屋住宅を探すのは難しいので、新築にして平屋のプランを考えようという人が殆どなのかもしれません。
また、ネットで平屋のプランについて一通りの知識を養っておくことで、後々役立つかもしれません。

平屋のプランを調べる場合には、平屋だけに限らず色々なタイプの間取りを見ておくと良いといわれています。
マンションなどの間取りも良くできているので、それを参考にして平屋のプランに生かすこともできると考えられるからです。
トイレやキッチンの作りなどは、平屋のプランの参考とすることもできるでしょう。
色々な物件を見ることで、平屋のプランを立てる際にアイディアが豊富に浮かんでくるのではないでしょうか。
例えば、生活に必要なトイレやキッチン、お風呂などは欠かすことができません。
必要最低限の間取りを考えて、それに肉付けをしていくと良いかもしれません。
しかし、時間がない人にとっては、インターネットが非常に便利で、平屋のプランを紹介しているサイトもたくさんあります。
仕事の合間や、休日であっても、ネットを利用すれば簡単に平屋のプランに関する情報を入手することができます。

平屋のプランについて感心のある人は、住宅メーカーの展示場などに足を運んでみるのも良いかもしれません。
また、平屋に限定した平屋のプランを探すと、それほど数が多くないのも他の間取りを参考にした方が良いという理由の一つといえるでしょう。
そこで、予め平屋のプランを練る際に、この必要不可欠な要素を組み込んで、その他の部屋に関するプランを立てるのが良い方法かもしれません。
平屋のプランは改築などである程度変更することも可能です。
平屋のプランで重要なのは、平米数と部屋数の兼ね合いではないでしょうか。

平屋のサンプルを入手するには

また、平屋のサンプルは那須や富士山の近く、というような広大な土地に立てられることを想定している場合が多くみられます。
しかし、平屋のサンプルはなかなか入手が難しいようです。
平屋のサンプルは、住宅メーカーの間取りサンプル集や、建築事務所にある場合もあるので根気強く探してみると良いかもしれません。
これらは、数が少ないといわれていますが、全く平屋のサンプルを持っていないメーカーもあるかもしれないので、確認してみることが大切でしょう。
平屋のサンプルを探していると、二階建てやマンションの間取りサンプルをよく目にするようになると思います。
この場合は実際には、平屋と二階建てやマンションでは違いが生じてくることを念頭において平屋のサンプルを理容しましょう。

平屋のサンプルでもマンションでも、キーとなる部屋は同じだと考えるのが良いかもしれません。
しかし、他の間取り図サンプルに比べると平屋のサンプルは圧倒的に数が少ないということを考慮しておいた方が良いかもしれません。
それらのキーとなるポイントを考慮して、平屋のサンプルを考えてみると良いかもしれません。
日本での平屋のサンプルは、住宅メーカーなどで手に入れることができる場合もあります。
つまり、生活に欠かせないような、トイレ、キッチン、お風呂というような部屋は平屋のサンプルに限らず参考にできると考えられるでしょう。
最近では平屋住宅の人気が高まってきているので、平屋のサンプルも少しずつですが増えてきているようです。
もし、都内近郊で平屋を希望している場合には、そのような平屋のサンプルは余り当てはまらないかもしれません。
平屋のサンプルが入手困難な場合には、まずこのような入手しやすいサンプルを参考にしてみるというのも一つの手かもしれません。

二世帯住宅の平屋の問題点


二世帯住宅の平屋を検討する場合には、話し合いが不可欠ですが、それ以上に基礎知識も必要とされるかもしれません。
二世帯住宅の平屋を限られた平米数で考えると、これらのスペースを共有にしてしまうのが一番手っ取り早い方法かもしれません。
二世帯住宅の平屋については、通常の平屋間取に加えて更なる綿密な計画が必要かもしれません。
二世帯住宅を利用する人の関係や生活形態などにもよるのですが、小さな子供が居る場合とそうでない場合では平屋は違いがあると考えるのが普通でしょう。
その上で、二世帯住宅の平屋に関する質問をQ&Aサイトで投げかけてみるのも良い方法かもしれません。
二世帯住宅の平屋を考える際には、二つの世帯がよく話し合いをすることが重要ですね。

二世帯住宅の平屋で難しい点は、共有スペースの考え方と、スペースの有効活用でしょう。
二世帯住宅には問題がつきものですが、特に二世帯住宅の平屋はその中でもさらに難しいものといえるかもしれません。
有り余る土地での二世帯住宅の平屋は、それ程問題ないかもしれませんが、限られたスペースの場合にはどこかで妥協をしなくてはならないと考えられるからです。
また、二世帯にする住宅に住むのも関係あるでしょう。
そこで、インターネットを利用して、二世帯住宅の平屋について調べてみると良いでしょう。
また、二世帯住宅の平屋にして生活をしている上で不便と思うことや、問題点などをあげているサイトも役に立つでしょう。
実際に二世帯住宅の平屋をどのように設計したか、という話などを読んでみるのも参考になるかもしれません。
二世帯住宅の平屋については、通常の平屋間取りに加えて、二世帯という問題も付加しているので、慎重に考える必要があるといえるでしょう。

小さな家の平屋と工夫

小さな家の平屋には苦労される方が多いかもしれません。
平屋住宅のデメリットの一つとして、面積が狭いということがあげられるでしょう。
しかし、小さな家の平屋も工夫次第では素敵な家ができあがることでしょう。
建築事務所などでは、小さな家の平屋を得意とするデザイナーも居るでしょうから、そのようなプロの手を借りるのも一つの手でしょう。

小さな家の平屋は、住む人によっても違ってくるでしょう。
また、バス、トイレの区切りをなくして広く見せるというのも小さな家の平屋の工夫の一つといえるかもしれません。
最近は平屋住宅が人気を集めてきているので、小さな家の平屋に関するテクニックやアドバイスなども見つけることができるかもしれません。
小さな家の平屋を考える際には、不必要な壁を作らないことが大切かもしれません。
また、年取った夫婦の場合には、小さな家の平屋かつバリアフリーの工夫をすると良いかもしれません。
例えば、夫婦二人の小さな家の平屋の場合は、共有スペースを大きくして、寝室を寝るだけの部屋にするという形も考えられます。
子供が居る場合の小さな家の平屋は、子供部屋という概念をなくすのも良いかもしれません。
小さな家の平屋において、一番苦労するのは部屋割りかもしれません。
さらに、キッチンも開放型にしたり、ダイニングの一部に備え付けることで広く見せる効果があるといわれています。
また、実際に小さな家の平屋で苦労した話や、どのようにして小さな家の平屋を克服したのか、というような生の声が聞けるのもネットの良い点です。
大きな用地を持っている人は別ですが、小さな家の平屋を考える際には、色々な工夫が必要になってくるといわれています。

平屋集の集め方

都市部などでは、マンションや複数階建ての家がまだ多いですが、田舎暮らしが人気を集めるようになって、平屋集も注目されるようになってきているようです。
平屋集と一口に言っても、30平米の土地なのか、40平米なのかという事で条件が変わってきます。
また、北欧やアメリカを手本とした平屋集も最近では見られるようです。
そこで一般的な玄関、トイレ、お風呂、リビングなど家に欠かせない情報を平屋集でチェックしておくと良いでしょう。

平屋集を利用すると、一から間取りを考えずにすむのが良い点でしょう。
そこで、住宅メーカーなどで用意されている平屋集を参考にして、ある程度のイメージを作り出すと良いといわれています。
平屋集の中には、最近のバリアフリー住宅を考慮したものが含まれています。
建築の心得がない一般人が、平屋を考えるのは大変なことでしょうからね。
家の中に段差がないということで、子供から大人まで安心して生活できる環境が作れるのが利点でしょう。
インテリアデザインメーカーや、建築家の卵など、平屋集に興味がある人たちが集まって議論をするようなサイトも見つけることができるかもしれません。

平屋集は、住宅メーカーのカタログを閲覧させてもらうのが良いかもしれません。
また、雑誌などで平屋集の特集がされている場合があるので、チェックしてみると良いでしょう。
これに加えて、最近ではインターネット上で平屋集を公開しているページもあるようです。
基本的な平屋集に関する情報はインターネットで入手することができるので、それを参考にしてみるのも賢いネットの利用法だといえるでしょう。平屋集に興味を持つ人が近年増えてきているといわれています。

平屋図の探し方

平屋図を作る場合にポイントとなるのはどのようなことがあるのでしょうか。
木をふんだんに使い、平屋図にも生かしたいと考えている人も多いでしょう。
木造住宅は、冬は暖かく夏は涼しいというのがメリットの一つで、平屋図にも影響を与えることになります。
住宅メーカーでは、数は多くありませんが平屋図を保有しています。
平屋図は多くの場合、自分でデザインすることが一般的になっているようです。
例えば、キッチン、トイレ、ダイニングなどは最低限必要な平屋図と考えられるでしょう。
これは二階建てや三階建ての場合に比べるとスペースが少なくなるため、平屋図を良く考えなくてはならなくてはならないでしょう。
しかし、それが平屋図の醍醐味ともいえるのかもしれません。

平屋図でも、必要不可欠のものがあります。
まず、平屋住宅の場合は木造住宅の場合が多いといわれています。
平屋図集というのは、まだ数が少ないようですが、今の平屋住宅ブームやバリアフリー住宅の人気に伴って、増えてくることが考えられるといわれています。
そこでまずは、住宅メーカーなどプロの作成した平屋図に目を通してみると良いでしょう。

平屋図に関する情報は、今はインターネットで簡単に入手することができるようになっているようです。
住宅メーカーが提供している平屋図などもありますが、その他にも平屋住宅に興味のある人たちが作っているホームページなどもあるようです。
幾つかの平屋図を見てみると、何となくどのようなパターンになっているのか想像ができるようになると思います。

平屋に関する知識

住宅メーカーなどでも平屋のパンフレットを用意してある会社もあるようですが、平屋住宅を希望する人は自分でデザインする人が大半だといわれています。
これは、自分なりの考えやデザインを平屋にも生かしたいという考えからくるものといえるのではないでしょうか。
また、建築デザインを専門にしている人も、平屋のページを作成している人がいるかもしれません。
そこで、住宅メーカーや建築デザイナーの平屋を参考にするというのが一般的に利用されているようです。
数はそれほど多くありませんが、住宅メーカーでは平屋図集が置いてあります。
基本的な平屋について勉強することができるので、お役立ちツールだといえるのではないでしょうか。
例えば、キッチンで過ごす時間が長いのでキッチンを充実させたい。
都市部ではまだ平屋建ては珍しいですが、那須などでは多くみられるようになってきているようです。
平屋はデザインを重視するこだわりの物権ともいえるかもしれません。
また、平屋に関して疑問などがある場合には、ネット上の質問サイトで質問をなげかけてみるのも良い手かもしれません。
最近の平屋住宅ブームで、建築雑誌でも平屋の特集が行われている場合もあるようです。
それ以外では、個人が管理しているホームページなどで平屋について説明しているサイトもあるようです。
それらのサイトでは、平屋のデザインだけでなく、長所や短所なども記述されている場合もあるようです。
そのような平屋に関する情報を入手して、自分なりの考えを膨らませておくというのも良いでしょう。

平屋に関する情報は、住宅雑誌に掲載されていることもあります。

平屋とは

平屋という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?
文字通り、平屋とは平屋住宅の間取りのことをいいます。
最近では、平屋住宅の人気が高まってきているようです。
ハウスメーカーも今では平屋の図面よりも、二階建てやマンションの図面を豊富に揃えているところが多いようです。
しかし、平屋住宅の人気に反して、平屋図はまだ充実しているとは言いがたいのが現状のようです。
平屋を参考にして、オリジナルの間取りを考えるという人が多いとか。
住宅メーカーなどでは、平屋図を保有している会社が殆どです。

平屋は、もともと日本においては多かったといわれています。
ある程度の平屋図で基本をおさえた上で、希望に沿うような形の平屋を考えるのが楽しみの一つでもあるからでしょう。
これは、バリアフリーの住宅を考える人が増えてきたため、平屋にも関心を持つ人が多くなってきたためだといえるでしょう。
ですが、近年の日本の高齢化社会の流れに伴って、平屋が少しずつまた見直されるようになってきているといわれています。
そこで、平屋を特集した住宅雑誌が売れているという話もあるそうです。

平屋について勉強したいと考えている人は、図書館などで基本的な平屋に関する本を読んだりすると良いかもしれません。
あわせて、インターネットで平屋について検索してみると、実にさまざまな記事を見つけることができるでしょう。
田舎暮らしや、高齢化に伴う平屋住宅の建築など、興味の対象や目的は色々ですが、平屋に関するサイトも数多くあるようです。
また、スローライフや田舎暮らしなどという新しい生活パターンが受け入れられるようになり、平屋について知りたいという人も多くなってきているようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。